運営規程

イーハトーブは、法や児童憲章等に基づいて、保護者のいない乳児及び児童(以下「乳児等」という)、虐待されている乳児等、その他環境上養護を要する乳児等を入所等させて、明るくて衛生的な環境において、素養があり、かつ、適切な訓練を受けた職員の養育指導により、ここで生活する子どもたちが、いつでも、いつまででも絶対的により良く生きられ・生き抜いていける「子どもの最善の利益の追求」と「その権利の擁護の援助」を保障した養育を果敢に実践する。

イーハトーブは、法や児童憲章等に基づいて、乳児院イーハトーブは、すべての子どもを社会全体で 育むという社会的養護の理念のもと、小規模グループケアや 担当養育制などの「家庭的養護」と、個々の子どもの育みを丁寧にきめ細かく進める「個別化養育」によって、子どもの未来の人生の基礎づくりに資する愛着関係や基本的な信頼関係の形成を目指した養育を果敢に実践するとともに、児童福祉司等と連携して、家庭機能の支援・補完・再生などの家庭支援に積極果敢に取り組むものとする。

イーハトーブは、社会的養護の地域の拠点として、家庭に戻った子どもへの継続的なフォロー、里親支援、社会的養護の下で育った人への自立支援やアフターケア、地域の子育て 支援などの専門的な地域支援の機能を強化し、総合的なソーシャルワーク機能の充実を図り、地域社会への奉仕と社会貢献等に積極果敢に取り組むものとする。

具体的な運営方針

(1)養育・支援の基本

  • 子どものこころに寄り添いながら、子どもとの愛着関係を育む。
  • 子どもの遊びや食、生活体験に配慮し、豊かな生活を保障する。
  • 子どもの発達を支援する環境を整える。

(2)食生活

  • 乳幼児に対して適切な授乳を行う。
  • 離乳食を進めるに際して十分な配慮を行う。
  • 食事がおいしく楽しく食べられるよう工夫する。
  • 栄養管理に十分な注意を払う。

(3)衣生活

  • 気候や場面、発達に応じた清潔な衣類を提供し、適切な衣類管理を行う。

(4)睡眠環境等

  • 乳幼児が十分な睡眠をとれるように工夫する。
  • 快適な睡眠環境を整えるように工夫する。
  • 快適な入浴・沐浴ができるようにする。

(5)発達段階に応じた支援

  • 乳幼児が排せつへの意識を持てるように工夫する。
  • 発達段階に応じて乳幼児が楽しく遊べるように工夫する。

(6)健康と安全

  • 一人ひとりの乳幼児の健康を管理し、異常がある場合には適切に対応する。
  • 病・虚弱児等の健康管理について、日常で適切な対応策をとる。
  • 感染症などへの予防策を講じる。

(7)心理的ケア

  • 乳幼児と保護者に必要な心理的支援を行う。

(8)継続性とアフターケア

  • 措置変更または受入れに当たり、継続性に配慮した対応を行う。
  • 家庭引き取りに当たって、子どもが家庭で安定した生活が送ることができるよう家庭復帰の支援を行う。
  • 子どもが安定した生活を送ることができるよう退所後の支援を行う。

(9)家族とのつながり

  • 児童相談所と連携し、子どもと家族との関係調整を図ったり、家族からの相談に応じる体制づくりを行う。
  • 子どもと家族の関係づくりのために、面会、外出、一時帰宅などを積極的に行う。

(10)家族に対する支援

  • 親子関係の再構築等のために家族への支援に積極的に取り組む。

(11)アセスメントの実施と自立支援計画の策定

  • 子どもの心身の状況や生活状況等を正確に把握するため、手順を定めてアセスメントを行い、子どもの個々の課題を具体的に明示する。
  • アセスメントに基づいて子ども一人ひとりの自立支援計画を策定するための体制を確立し、実際に機能させる。
  • 自立支援計画について、定期的に実施状況の振り返りや評価と計画の見直しを行う手順を施設として定め、実施する。

(12)子どもの養育・支援に関する適切な記録

  • 子ども一人ひとりの養育・支援の実施状況を適切に記録する。
  • 子どもや保護者等に関する記録の管理について、規程を定めるなど管理体制を確立し、適切に管理を行う。
  • 子どもや保護者等の状況等に関する情報を職員が共有するための具体的な取り組みを行う。

(13)権利擁護・子どもの尊重と最善の利益の考慮

  • ① 子どもを尊重した養育・支援についての基本姿勢を明示し、施設内で共通の理解を持つための取組みを行う。
  • 社会的養護が子どもの最善の利益を目指して行われることを職員が共通して理解し、日々の養育・支援において実践する。
  • 子どものプライバシー保護に関する規程・マニュアル等整備し、職員に周知する取組みを行う。

(14)権利擁護・保護者の意向への配慮

  • 保護者の意向を把握する具体的な仕組みを整備し、その結果を踏まえて、養育・支援の内容の改善に向けた取組みを行う。

(15)権利擁護・入所時の説明等

  • 保護者等に対して、養育・支援の内容を正しく理解できるような工夫を行い、情報提供する。
  • 入所時に、施設で定めた様式に基づき養育・支援の内容や施設での約束ごとについて保護者等にわかりやすく説明する。

(16)権利擁護・保護者が意見や苦情を述べやすい環境

  • 保護者が相談したり意見を述べたりしたい時に相談方法や相談相手を選択できる環境を整備し、保護者に伝えるための取組みを行う。
  • 苦情解決の仕組みを確立し、保護者に周知する取組みを行うとともに、苦情解決の仕組みを機能させる。
  • 保護者からの意見や苦情等に対する対応マニュアルを整備し、迅速に対応する。

(17)権利擁護・被措置児童等虐待対応

  • いかなる場合においても体罰等や子どもの人格を辱めるような行為を行わないよう徹底する。
  • 子どもに対する暴力、言葉による脅かし等の不適切なかかわりの防止と早期発見に取り組む。
  • 被措置児童等虐待の届出・通告に対する対応を整備し迅速かつ誠実に対応する。

(18)事故防止と安全対策

  • 事故・感染症の発生などの緊急時の子どもの安全確保のために、施設として体制を整備し、機能させる。
  • 災害時に対する子どもの安全確保のための取組みを行う。
  • 子どもの安全を脅かす事例を施設として収集し、要因分析と対応策の検討を行い、子どもの安全確保のためのリスクを把握し、対策を実施する。

(19)関係機関等の連携

  • 施設の役割や機能を達成するために必要となる社会資源を明確にし、児童相談所などの関係機関・関係団体の機能や連絡方法を体系的に明示し、その情報を職員間で共有する。
  • 児童相談所等の関係機関等との連携を適切に行い、定期的な連携の機会を確保し、具体的な課題や事例検討を行う。

(20)地域との交流

  • 子どもと地域の交流を大切にし、交流を広げるための地域への働きかけを行う。
  • 施設が有する機能を、地域に開放・提供する取組みを積極的に行う。
  • ボランティアの受入れに対する基本姿勢を明確にし、受入れについての体制を整備する。

(21)地域支援

  • 地域の具体的な福祉ニーズを把握するための取組みを積極的に行う。
  • 地域の福祉ニーズに基づき、施設の機能を活かして地域の子育ての支援事業や活動を行う。

(22)職員の資質向上

  • 施設として職員の教育・研修に関する基本姿勢を明示する。
  • 職員一人ひとりについて、基本姿勢に沿った教育・研修計画を策定し、計画に基づいた具体的な取組みを行う。
  • 定期的に個別の教育・研修計画の評価・見直しを行い、次期の研修計画に反映させる。
  • スーパービジョンの体制を確立し、施設全体として職員一人ひとりの援助技術の向上を支援する。